ブログトップ

おそとのくに

osotonokun.exblog.jp

秋のSeoul 幸せな遭遇

秋の旅行記をはじめる前に、
帰国後しばらく放心状態に陥った幸せな出来事について~
今でも思い出しただけでドキドキしてしまい、
まとまりのない文章な上に長いです。
とても読みにくいと思いますがどうぞお付き合いください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人生でコンサートへ行ったことがあるのは2回。
ケミストリーとSMAPで、どちらも誘われたのでついて行きました。
大音量で音を聴くことやイヤホンを耳に入れることが苦手だったので、
人生でJ-POPや海外アーティストに興味を持ったことがありませんし、
音楽を聴くアイテムを買って持ち歩いたことがありません。
CDもおそらく片手で足りるくらいしか買ったことがないと思います。
これまでどれだけ音楽と無縁の人生だったことでしょう。
ピアノとハモンドオルガンは15年近く習ってましたけどね(笑)
そんな私がK-POPにどっぷりハマりました\(^o^)/
とくにCNBLUEの曲はとても好きでIphoneに入れて毎日聴いています。
だんだんとコンサートに行ってみたいと思うようになり、
意を決して人生初のFCに入りました。

私が韓国から帰国するのは18日。
その後CNBLUEの日本デビューが19日に決まりました。
淡い期待はありましたが、さすがに前日の夜便で日本入りでは遅すぎると
何ら根拠のないことを思いながら旅立ち。
旅行中、すでに日本へ入ったという情報をキャッチして、
そんなに上手くはいかないのよね~と思いながら帰国の日を迎えました。

金浦空港で免税品を取りにカウンターへ行くと、
カウンター内のスタッフさんが騒がしいのです。
私もそこで気付くべきなのに煩いスタッフさんをただただ見つめる(笑)
ですがあまりに騒々しいので視線の先を見ると、
男性4人の後ろ姿でした、しかも内1人が振り向いて手を振っています。
残念なことに目が悪いので誰だかわかりませんが、
あの佇まいは芸能人だ(遅っ)!!!







「CNBLUE」
d0161826_391223.gif




頭が真っ白です。
日本入りしたという情報を全く疑っていなかったので、
そこにCNBLUEが居るなんて想像すらしていませんでした。
もっと早くに振り向いていれば、私の真後ろを歩いていたでしょう。
1mもない距離で彼らをマジマジと見ることができたはずなのです。
しかもその時点で気付いているのはカウンターのスタッフさんだけ。
ギリギリの搭乗でゲートに向かっている彼らの周りには誰もいません。
今追いかければ握手してもらえるかも!?
ですが人生で誰かのファンになったことがない私は、
こういう状況でどうしたら良いのか判断ができないのです(>_<)
エステ後ノーメイクだったこともあり勇気もなくて(笑)
ただただドキドキしながら後ろ姿を見送りました。

その後、男子校の修学旅行生が免税店前のcafeに群がり、
携帯で「CNBLUE」といいながらパシャパシャ写真を撮っています。
私も彼らを押しのけて・・・この時だけは強気なのね(笑)
cafeを覗きましたが私には何処に居るのか解らないんです(涙)

それからはひたすら後悔です。
あの時振り向いていれば・・・・・
あと数秒遅ければ・・・・・
×○△□×○△□×○△□・・・・・
頭の中はこんな感じでグルグル、
その後の機内写真などは一枚もありません。
彼らの便とは30分以上も差があり、
おそらくビジネスに乗っているのでしょうから
羽田空港で会えるなんてことは全く考えていませんでした。

無事に帰国しイミグレも終わりターンテーブルまで来ると、
私の便の他2ヵ所のターンテーブルが動いていました。
もしかしたら何処かに居るかもと後ろ側のターンテーブルを見ると、
ヨンファらしき人がっそこに居るではないですか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ちょうどスーツケースを取っていました。
さっそうと税関検査へむかって歩く姿を見つめて興奮。
目が悪いのではっきりと顔は見えないのですが、
カッコイイオーラーがバシバシ出ています。
興奮して動けないのでとりあえず後ろ姿に向かって手を振ると・・・
こちらを向いているお付きの人がヨンファに「手振ってるよ~」的な事を
伝えてくれたのか???
ヨンファが振り向きましたーーーーーーーー
そして腰のあたりで手を振ってくれたんです♡♡♡
あの挨拶は私だけのものだと勝手な解釈をしています。
そして見えなくなるまでヨンファを見送り、いつも一緒にいるメンバーは??
軽く疑問に思いながら自分のスーツケースに集中しました。
なかなか出てこないスーツケースをやっと取り
さーて帰ろうと税関検査へ向かうとそこに!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
他3名のメンバーが大きな荷物を押しながら居ます!!!
私はさりげなく彼らの真後ろのポジションを確保し、
彼らを見つめながら出口まで出ました\(^o^)/
その距離10センチ。
私が寄ったのですが近すぎます(笑)

☆ジョンヒョン・ニット帽にサングラスをかけてやや猫背
☆ジョンシン・髪を結び想像通り背が高くお顔が小さくお肌が綺麗
☆ミンヒョク・背が高く線が細くお顔が小さく品の良さが際立ちます

ヨンファが居ないので彼らに気付いている人は少なく。
平日の夜便だったので若者も少なくラッキーでした。
あんなに至近距離で彼らをみることはもう一生ないと思います。
旅の最後に大切な思い出ができて本当に幸せです。

こんなに幸運なことがあったので、
これ以上の欲をだしてはいけないと思いますし、
冬のコンサートはきっと当たらないと思っていますが(笑)
しばらくはこの幸せな遭遇を胸に生きていけそうです。

最後まで文章だけの読みにくいレポを長々ありがとうございました♪
[PR]
by osotonokuni | 2011-10-23 06:56 | Seoul 2011-10
<< 秋のSeoul  出発 肌寒いソウルよりただいま!!そ... >>